内視鏡検査 | 医療法人清水会 相生山病院(名古屋市緑区)

ホーム > 内視鏡検査

内視鏡検査

当院では上部消化管(食道、胃、十二指腸)と大腸を対象とした内視鏡検査を行っています。

上部消化管(食道、胃、十二指腸)検査

上部消化管では患者様の希望によって経鼻内視鏡か経口内視鏡か、いずれかで
行っています。
経口内視鏡検査の場合、希望に合わせて経静脈的に鎮静剤を注射して行います。
そのため1時間程度休んでから帰って頂いています、経鼻内視鏡検査の場合は休憩することなく帰られます。主に食道、胃、十二指腸の病気の診断を行います。
最近ではピロリ菌の検査をされることが多くなっています。

大腸検査

大腸では腸管洗浄液で前処置を行い、原則として経静脈的に鎮痛剤を投与して行います。診断だけではなく、治療として大腸ポリープを内視鏡的に切除します。
内視鏡的にポリープを切除する場合は一泊して頂きます。当院の治療範囲を超える場合は高機能病院へ紹介します。

検査日について

上部消化管検査 火曜日・金曜日の午前中
大腸検査 火曜日・金曜日の午後

午前の9時30分頃に来院して頂き、腸管洗浄液を飲んで前処置を行い、午後から検査します。外来で予約する時に、安心して検査を受けられるように医師および看護師から詳しく話させて頂いています。

外来受診案内はこちら

内視鏡によるポリープ切除

内視鏡検査コラム

  • 胃カメラが心配で怖いという方へ

    胃カメラが心配で怖い大きい理由の一つには、「胃カメラを飲むのが苦しい」あるいは「辛いに違いない」という不安があると思います。当院では、胃カメラ検査前に希望によっ…

内視鏡検査の記事一覧はこちら
お問い合せはこちら

ページのトップへ